MENU

着やせのテクニック【縦長にする】

『着やせのテクニック【縦長にする】』

 

一言で「太っている」といっても、様々なタイプがあります。女性でありがちなのは、上半身はさほど太ってはいないけれど、おしりや太ももにしっかりムダ肉がついているタイプ。

 

また、ウエストは締まっているけれど、胸とおしりが大きいタイプ。これは「グラマー」ともいえますが、当人にしては「もう少し細く見せたい」ということは多いようです。

 

これらの人は、細いところを強調するようなファッションを選んだり、着こなしをすることで、比較的対処の仕様があります。

 

が、問題は「全身が太い」という場合です。この場合は、「縦に長い」というような印象を与えるように持っていくのが正解です。よく「I ライン」と呼ばれるのがこれですね。

 

おすすめのものとしては、たとえば、ロングカーディガン。これにクロップドパンツを組み合わせてみましょう。

 

ロングカーディガンが縦の線を強調してくれます。えり元はもちろん、V字がいいでしょう。これもやはり縦の線の強調になります。

 

クロップドパンツにしたのは、脚のスネから下が見えているからです。いくら太くて自信がなくても、全部隠すのはNGです。すそからすっと出ていることで、細いような目の錯覚を誘うのです。

 

また、下にロングスカートを持ってきて、同じように縦の線を強調する手もあります。この場合は、トップスには丈が短めのものを選ぶようにしましょう。

 

いくら縦の線が強調したいからといって、上下とも長めのものを持ってくると、バランスが崩れてしまい、ボテッとした印象を与えてしまいかねません。